↑おばあちゃんちの    ぬいぐるみ(・A・)ノ


by chiyomaru8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

十三夜

皆さんこんにちは!
日本詩吟学院岳風会 平岸吟声会所属の
千夜丸です(・A・)ノ

再来週の9月16日は3級の昇級試験です
その吟題をご紹介

.。*o+゜+.。*o+゜+o。.
九月十三夜 上杉謙信

霜は軍営に満ちて 秋気清し
数行の過雁 月三更
越山併せ得たり 能州の景
さもあらばあれ 家郷遠征を思う

.。*o+゜+.。*o+゜+o。.
九月十三夜=十五夜の次に月の綺麗な夜
軍営=陣 宿営地
数行の過雁=雁の群れ
三更=深夜0時頃(初更から始まり、全部で五更)
越山=越中・越後の山々
能州=能登

.。*o+゜+.。*o+゜+o。.
霜が陣内に満ちて
清々しい秋の気が漂っている
三更の月にかかるように
雁の群れが渡るのが見える
越中・越後の山々
そして手中に治めた能登を
併せた景色は本当に素晴らしい
故郷では遠征を案じているかもしれないが
今は美しい景色・美しい月を肴に
飲もうではないか

.。*o+゜+.。*o+゜+o。.
うん、ベランダで月見しながら飲もうか!
と、いいつつ天気のいい夜は
度々、お茶会なのです
美しい月に心を躍らせて
心を許せる友人といれることに
感謝して
「おちかれさま☆」と
言い合うのが好きです
[PR]
by chiyomaru8 | 2007-08-31 14:28 | 漢詩

愁思の詩篇

皆さんこんにちは!
日本詩吟学院岳風会 平岸吟声会所属の
千夜丸です(・A・)ノ

北海道は秋の空・・・
寒いって!
つい昨日まで残暑だったじゃん!

ではでは、短かった夏に思いを馳せて
物悲しい詩をひとつ

.。*o+゜+.。*o+゜+o。.
九月十日 菅原道真

去年の今夜 清涼に侍す
愁思の詩篇 独り断腸
恩賜の御衣 今此処に在り
捧持して 毎日余香を拝す

.。*o+゜+.。*o+゜+o。.
去年の今夜は清涼殿に侍っていました
愁思のお題をいただき、その歌が素晴らしいとお褒めいただきました
その時に帝より賜った御衣は今も手元にあります
毎日、断腸の思いであの頃を懐かしく思います

.。*o+゜+.。*o+゜+o。.
悔しい思い、懐かしい思いが感じられる詩です
左遷された土地で一人寂しく暮らすことになった
菅原道真
栄枯盛衰とはよくいったものです
終わってしまった栄華に思いを馳せても
元には戻らないから
振り返った時、後悔はしないように
生きたいな!

あと、菅原道真の詩はすごくお上品だと思う!
[PR]
by chiyomaru8 | 2007-08-31 08:30 | 漢詩

潮かおる

皆さんこんにちは!
日本詩吟学院岳風会 平岸吟声会所属の
千夜丸です(・A・)ノ

すっかり秋の風が吹いてますね!
オイラは今年も海水浴には
行けませんでした…!(TДT)
でもお盆休みに網走・オホーツク海の
フレトイの海は見てきましたよ

まぁ、満ち潮&高波&遊泳禁止区域なので
テトラポットに登ったくらいですが!

「両親に海に因んだ吟やる!」と
えぇ、大声張り上げてやってきましたよ
オホーツク海に因んでないのが
アレですが…;

.。*o+゜+.。*o+゜+o。.
潮かおる 石川啄木

潮かおる
北の浜辺の砂山の
かの浜薔薇よ
今年も咲けるや
.。*o+゜+.。*o+゜+o。.
潮の香り
北の浜辺に咲くハマナスは
今年も咲いているのだろうか

.。*o+゜+.。*o+゜+o。.
浜薔薇=ハマナス=想い人らしいですよ!
実はコレ、片思いの歌なんです
小学校の時に授業で習った時には
そんな事全く知らなかった…(・∀・)
…ということは

.。*o+゜+.。*o+゜+o。.
潮の香りがするあの人は
今年もあの海にいるのだろうか

.。*o+゜+.。*o+゜+o。.
…となるか!(´∀`)ホゥホゥ!

ぁ。オイラの友人(百人一首好き)は
アンチ石川啄木です
何故って?
「ネガティブだから」
…とまぁ、恋愛に臆病な感じはあるかも
[PR]
by chiyomaru8 | 2007-08-30 12:52 | 短歌

松前城下

こんにちは!
日本詩吟学院岳風会 平岸吟声会所属の
千夜丸です(・A・)ノ

6月29日の夜から2泊3日で
函館・松前に行ってまいりました
もう1ヶ月経っちゃった

レンタカーを借りて女3人旅
オイラ以外は運転免許なし
一人で1000㌔走ってきました

武家屋敷(入館料350円)で
はしゃぎ過ぎたため
松前城は外観を見るだけに・・・

でも近くの浜で
「津軽海峡冬景色」と
松前城にちなんで
「松前城下の作」を歌ってきました

.。*o+゜+.。*o+゜+o。.
松前城下の作 長尾秋水

海上の寒柝 月潮に生じ
波際の連ショウ 影動揺
此れより 五千三百里
北辰直下に 道標を建てん

.。*o+゜+.。*o+゜+o。.
北海道開拓の詩です
訳はまた今度!

松前城は意外とちっちゃかった・・・
海は青くてキラキラしてて
海岸線を走るのはとても爽快でした!
[PR]
by chiyomaru8 | 2007-08-01 10:02 | 漢詩